アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 1/28

冬の寒さを和らげてくれる、心温まる、心熱くなるライブでした!

Megu-Bandさん…
あらためまして、新年L−WORDSでのライブにご出演頂き、心新たに心躍る素敵なステージを楽しませて頂きました。
Megu-Bandさんをご存知の新しいお客様や他のアーティストさんをご存知で以前L−WORDSにお越しいただいた懐かしいお客様もお顔を見せて下さり、とても和やかな柔らかな雰囲気のステージになりました。
御年賀を頂いたり、ライブ終了後にお寿司をご馳走して下さったごうさん、お心遣い本当に有難く、嬉しく、遠慮なく頂戴致しました。
いつも傍らに置いて一緒にいたい音楽、Megu-Bandさんの音楽はそう想わせて下さる、Meguさんごうさんをそのまま届けて下さる音楽なので、寂しい心や荒んだ心にそっと寄り添って自然に修復してくださるような、生薬のような音楽だと感じています。いつも近くで見守っていてほしい、そんな気持ちでCDを購入させて頂きました。日々心を柔らかく、優しい気持ちで健やかに過ごせる、耳に届くごとにまあるくなれる嬉しい気持ちです!ありがとうございます。

tokueさん…
しみじみ想うこと、tokueさんのライブを最初からずっと魅させていただいていて本当に進化されているということ。新曲を2曲も披露して下さり、その証明をはっきりと見た気がしました。
tokueさんならではのメロディやコードの運び方、私には詳しいことは分かりませんが、明らかに耳に届くメロディと作品の雰囲気が、心地よくなるほど!と心と脳に鮮明に届いて、ハッと開眼するような新鮮な衝撃があります。
昨年を振り返り創られた「2016」という作品、tokueさんの一年の想い、新鮮なメロディラインとコードに乗って、歌詞をより印象付ける作品でとても心に響きました。「誰もいない世界」もtokueさんの心の中の想いをストレートに表現された、素直な作品だと思いました。自分の心の想いをそのまま作品に反映させることが出来る、進化の証だと思います。
また次回もtokueさんがそのまま伝わる素敵なステージ、楽しみにしています!ありがとうございました。(^^♪

up date 2017/01/29