アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 4/16

4月も半ば、やっと暖かくなりました。外の空気が気持ちよく、お店からの帰りも寒さを感じず自転車を歩くようにゆっくりとこいで春の夜の空気を楽しんで帰りました!

holyさん…
ラブソングを柔らかく優しく、温かくほっこりとゆっくりとお届けくださいました。
holyさんが醸し出す穏やかなゆったりとした雰囲気は、ライブの空気もその中に溶け込んで、時間の流れを感じない、優しい温もりに包まれました。
愛息子さんの草介くんの一大事、危うく怪我をされるところだったお話を聞いて、一瞬青ざめましたが大事に至らず本当に良かったです。
成長されることは喜ばしいことですが、それと同時に行動範囲が広がって思いもかけない行動で危険なことが見え隠れするようになることもあるでしょう。目が離せないので大変だと思いますが、くれぐれもお大事にしてください。
草介くんのために創った作品も今夜はとてもいつもにも増して草介くんを大切に思う気持を込めて、丁寧に歌われていたように感じました。
愛あふれる素敵なステージをありがとうございました!

上條葉月さん…
今夜は全て出し切った、空腹さえも感じない、熱く濃いステージでした。
葉月さんの気持ちがギュッと詰まった、心のこもったステージでした。
若い方々は夢や希望を持つこと、この時代にはなかなか難しいことかもしれなせんが、自分が何をしたいのか、何を目指したいのか、満足感を得ることは何なのか、見つけることすら難しい世の中で幸いにも「これだ!」と思えるものに巡り会える確率はかなり低いもしくは巡り会えないことのほうが多いと思いますが、葉月さんは苦しみもがきながらも自分の目指す場所や集中してやりたいことを幸いにも見つけられ、続けられる、大袈裟かもしれませんがこれからの生きていく道標を見つけられた、そんな気持ちなのではないかと、確信して前に前に進んでいらっしゃるのではないかと感じられるステージでした。頼もしい、地に足がついた目的意識を持った、充実感が滲み出ていて羨ましくなりました。輝いている姿がとても眩しかったです。素敵です!私達も嬉しい気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

up date 2017/04/17