アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 6/10

梅雨時期の鬱陶しい感じではなく、暑い1日でしたね(^^;)季節を飛び越えたような感じでした。

二葉さん…
女性らしい可愛らしさはいつもどおり、柔らかい表情、柔らかい雰囲気が一日の終わりをホッと包み込む、そんな素敵な雰囲気をまとった二葉さん。ずっと穏やかに聴いていたい、そんなステージでした。一息つける感じが心癒されます。

前向きにいろいろなことに挑戦したり、様々なジャンルの作品にふれてみたり、二葉さんにとって変化の時なのかもしれません。環境が変わったり新しいことにチャレンジしたり、積極的に自分を変えてみよう!と思うことはたくさんの発見やワクワク感が素敵な毎日を生み出す力になると思います。自分を見つめて自分では気付かなかったことも見つかるかもしれません。
変化を求めることは自分探しでもあるのかなって、そんな風に感じています。
創られる作品にも多彩な彩りが加わって、ますます魅力的なアーティストさんになられることでしょう。楽しみです!また歌いに&遊びに来てください!いつでもお待ちしています。(^^)v
ありがとうございました!

福西康全さん…
ブルースロックに魅力を感じて作風も大人カッコ良い感じになりつつある福西先生。今までの作品の魅力を残しつつ、違った作風の作品も数々生み出され、創られたCDも様々な雰囲気の、いろいろなアレンジの作品が収められていて、ずっと聴いていても全く飽きない素敵なアルバムです。
大御所アーティストさんの動じないオーラの話が出ましたが、まさに不動の、ぶれない地に足のついたねんきの入ったアーティストさんだと感じています。
興味を持った音楽ジャンルもテイストとして取り入れつつ、ご自身のスタイルをうまく融合させて違和感のない安定したステージ、さすが積み重ねたものが違うなと納得しました。
親しみやすさも出しつつ、心の中の真髄を揺さぶる作品の言葉の力に感心して聴かせて頂いております。次回もまたよろしくお願い致します!ありがとうございました。(^-^)

up date 2017/06/14