アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 9/24

「継続は力なり」とはいえ一つのことをある程度永く続けていくことはあらためて大変なことだと感じました。理想だけではなかなか継続する事はできない、かといって志しているポリシーを曲げてまで続ける意味はあるのか…様々な葛藤の中、こうして永年お店を続けていられるのは、ひとえにご出演下さるアーティストの皆様や音楽を楽しみに、アーティストとの交流を楽しみに足をお運び下さるお客様のおかげだと心から痛感しました。温かいお客様やアーティストに助けられ、今日も素晴らしい音楽がL-WORDSを包みました。感謝、感謝、感謝、です。

吉田有希さん…
茅ヶ崎出身のアーティスト、ヨシくん。ご実家から海まで一分くらいというのに浜降祭の御神輿を担ぐこと無く現在に至るとか。地元の伝統行事に参加するためにはその行事を代々仕切る地元の有力者が認めた関わりある人々にしか分からないしきたりなどあって一般公開されることは難しい場合があるので、来年御神輿を担ぐ機会を得られたヨシくんは運が良いということでしょう。ハットを被って御神輿を担ぐヨシくん見たさに盗撮すると店長杉山がムチャ振りをしていました。
冗談を軽く言い合えるくらい、近い存在になってくださったことをとても嬉しく、ますますヨシくんのことを大好きになりました。ステージも丁寧に届けて下さりながら、リラックスした様子で聴かせて頂きながら口ずさみながらヨシくんを近くに感じる楽しい素晴らしいライブでした。
新しい奏法にもチャレンジされたり、恒例のL-WORDSのアーティストのカヴァーをされたり、変化に富んだ飽きさせないアクロバティックなステージ、手拍子も笑顔もグルーヴもステージ全体にお客様との一体感がとても層の厚い濃いライブでした。何事にも動じない、クールでスマートなヨシくん。新たな分野の音楽を開拓してモノにする日も間近ではないでしょうか。
演奏者も心から楽しめてチャレンジ出来る楽しみを味わえたり、そのチャレンジの山を越えていく様子を見届ける聴き手もまたアーティストの成長に立ち合える喜びを感じることができます。バランス良い気持ちよいステージをありがとうございました!

永田大地さん…
毎日大変なことがあっても笑顔で払拭してしまう、苦労を喜びに変えていける、大地くんはそんな自然プラス思考の素晴らしいアーティストです。物事を難しく考え過ぎないマイペースさは時間の流れも操れるほどおおらかでゆったりと大きく構えられる心の広さ、余裕を感じます。小さなことにこだわらず、信じた道を進んでいく様子は大きな流れの中で小さくなりがちな自分を見失わず、小さくても存在感を持ち続けることが出来るのかもしれないと少しだけ勇気がわいてきます。
ライブの最後の作品、「渡り鳥」を聴いて号泣していた樋口さんを思い出しました。
おかれていた環境が最悪で、毎日辛い気持ちで過ごしていた心に「色あせはしないさ、大丈夫。君は世界にひとりだけ。その存在は想いや願いはきっと誰かの心を揺さぶっていくよ」
小さくしぼみかけていた心に、強さと安心を注ぎ込まれたような、小さな何も出来ない自分でもきっと誰かの心を揺さぶる日がくるのだと、勇気を与えられ前を向いて困難に立ち向かう力を授けられた気持ちになります。
大好きな作品の一つです。
辛くても少しずつでも前へ進もうともがいていたら、きっといつかそれぞれのゴールにたどり着ける、そんな力強さを与えられ生きています。ありがとうございました。

up date 2017/09/25