アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 11/24

すっかり寒くなってきました。ニューコタツ、入りましたー!温かいって幸せです。

吉田有希さん…
仕事の終わりが遅く、完全には聴くことが出来ませんでしたが、壁越しで聴かせていただきました。
クリスマスの歌、聴く季節になりました。大きなツリーが雪の中でほの明るく光輝いて、見ているだけで気持ちが温まって優しい気持ちになる、吉くんのクリスマスソングはそんな風に、冬の寒さの厳しさの中に心温まる優しさを感じます。
作品のバージョンをminorchangeされて少しトーンが落ちた、さらにゆったりと落ち着いて聴けるバージョンになっていて、穏やかな気持ちで楽しめました。
カヴァーの「ジヤパリハーク」も落ち着いたバージョンで、でもギターテクニックはそのままに、ギターのためにお手入れしている爪のピックをfullに活用されてどんどん曲自体もカヴァーでありながら吉くんらしい独自の技術で進化して、カヴァーの枠を超えて成長されていることに驚きと感動を憶えました。
素晴らしい演奏と超越したステージ、ありがとうございました!次回は直に楽しませていただきたいと思います。

Megu-Bandさん…
明るく可愛らしい、赤がとても似合うリーダーのMeguさんと、独特な雰囲気でご自身のペースを確立しているゆったりとした雰囲気のごうさん、お二人の繰り出す音楽は心の奥底に眠っている柔らかさを引き出して、聴く人それぞれの想いをじんわりと、ゆっくりと、想いおこさせてくださいます。
懐かしさや切なさや、悲しさや嬉しさ、ワクワクドキドキするような新鮮な感情を歌声やメロディーにのせて心へとどんどん運んで届けてくださいます。
「こうだったらいいな」とか、「こうありたい」と心に希望がわいてくる、優しく心を動かしてくれる応援ソングのような素敵なステージでした。
人の心に訴える、心の中に優しいしるしを残してくれるような温度を感じました。
一年間のご挨拶にと、クッキーや真向かいのお寿司屋のお寿司折りを届けてくださいました。
恐縮です。いつもお世話になっているのは私たちの方なのに。
お気持ち、有り難く頂きました。本当にありがとうございます。

up date 2017/11/25