アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 1/13

寒すぎて体が縮んでしまい普通の形に
なれなくなってきています…
風邪&インフルに気をつけていきましょう。

けんじ(しもけん)さん…
宇宙に興味をもっているという、けんじくん。
次から次へといろいろなことを頭の宇宙の中で考え、想像する。
まさに頭の中は宇宙のような、広くて無限の可能性を秘めて
ミステリアスで。
誰も気づかないような小さなことから宇宙を巻き込むような
大きな不思議な発想まで、頭の中の宇宙を自由に泳ぐ思考の豊かさは
作品を生み出すヒントやテーマにつながって、唯一無二のけんじくんならではの
作品を生み出しています。
普段何気なく生活している中で、ふと立ち止まって考えることで
新たな発見や当たり前のことにハッと気づかされたり、大事なことを
丁寧に想い出させてくれるきっかけになっています。
人として生きること、隣人のことを想い大切にすること、世の中は
人と人との支え合いで成り立っていること、生きていく上で感じるべき
大切なことをけんじくんは作品の中で表現し、発信しています。
勉強になります。いつも気づかせてくれてありがとう!

いもりんさん…
けんじくんが宇宙に関心があるなら、いもりんさんは積み重ねられてきた時代の
歴史や進化のことをそのまま、時代をそのままテーマにした作品を創られています。
美しい伸びやかな歌声で、鳥のさえずりのように、フルートの柔らかな音色のように、
激しい雷鳴のように、作品を心のままに表現され歌声を自在に使われ表現する天才だと
思いました。
広い果てしない海の底で進化の過程をたどる生き物たちを歌い上げ、陸上では巨大化した
虫たちのその大きさや妖しさを愛情を込めて作品として届けて下さる、
壮大な歴史と地球の神秘を分かりやすく感情を込めて歌い上げられる。
ファンタジーの世界にも飛び込むような気持ちで、不思議の国のアリスが不思議の国の
入り口に飛び込むような、勇気あり珍しさあり、心震えるような美しい歌声は
機材の音量計が振り切ってしまうほどの力強さと輝きがあります。
巨大タランチュラのタラちゃんのフィギュアが何ともグロテスクで、いもりんさんの
トートバッグからその姿が見えかくれしているようなこと、ちょっと二度見して
確認してしまいそうな様子が新鮮であり驚きでもあります。
あの華奢の体のどこからあの力強く突き抜けるような歌声が出せるのか。
いもりんさん独自の音楽世界、今日も堪能させていただけて幸せです。
今日も贅沢な素敵な時間を過ごすことが出来ました!ありがとうございました。

up date 2018/01/14