アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 4/29

本日も素敵なステージ、音楽で繋がる素晴らしい出会いに感謝の1日でした。

吉田有希さん… 
繊細で柔らかい、美しいメロディーと優しい歌声。

吉くんのステージは正確かつ緻密に組み立てられた構成の中に、

吉くんの人となりが柔らかく浮き彫りされた絶妙なバランスの

ステージで楽しませてくださいます。
難関の作品にも果敢に挑戦され、常に進化を惜しまず毎回精進の

ステージには頭が下がります。
グラスネイルを使ったスラム奏法も始められた当初から比べると

各段に上達され、視覚的にも聴覚的にもとても楽しめる、

音楽に詳しい詳しくないにかかわらず全ての人にワクワクする

ような楽しみと、ドキドキするスリルが味わえる、まさに

エンターテイメントに相応しいステージで感動を与えて

くださいます。
これからもきっと、ますますたくさんの作品やいろいろな未知なる奏法を

研究され、ご自身にたくさんの課題を課しつつ聴く人みんなに驚嘆と感動を与えてくれることでしょう。
ギター奏法研究員、ギター奏法職人、肩書きがますます増えていきそうな

吉くんのこれからの進化が楽しみです!
お祝いもありがとうございました。心して大切に頂きます。

知念夏樹さん…(from 二死満塁) 
初登場の東京は江戸川よりL-WORDSを探り当て
歌いに来て下さいました。
有り難い限りです。また一つ素敵な音楽の繋がりで御縁が

繋がりました、
バンドでも二死満塁というバンドで活躍され、弾き語りでも

単独で活動され、いろいろなライブハウスで歌われ、

その活動を着々と広げられています。
東京から神奈川へのプチツアーでL-WORDSを選択して下さり、

独特なユーモア溢れるステージでtalkも切れる、作品も心打たれる、

聴く人の心を掴む魔法の力を持った素敵なアーティストさんです。
軽快なtalkとは裏腹に、音楽に対する気持ちの熱さは歌う姿や

歌声に乗って発信され、L-WORDSの空間に響き渡りました。
即興で作品を創られたり、大切な人への気持ちを込めた作品を

熱く心に沁みる歌声で届けられ、心の中のエネルギーを受け取りました。
またぜひ、このご縁を大切につながらせて頂き、歌いに来て頂けたら

幸いです。
ご挨拶代わりに頂いた二死満塁タオル、ありがとうございました。

大事に使わせて頂きます。

アコフェス2018詳細です!

http://hiratsuka-lwords.com/event/1831/

 

up date 2018/04/30