アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 6/17

雨は降らず恵まれた1日。熱からず寒からず、

ちょっと肌寒かったかな?
梅雨の中休み?鬱陶しさから解放された
貴重な1日でした!

ANDYさん…
ANDYジャンプ、本日も健在!楽しく元気に

はじける楽しいライブありがとうございました。
テンポよく次々と爽やかな風が吹き抜けるような、

爽快なステージ、MCもさりげなく自己紹介から

はじめましての方から親しみある慣れ親しんだ方まで、

分かりやすく簡潔にANDYとは何ぞやという説明、

輝かしい経歴もさりげなく説明、なるほどと納得出来る

内容で、よりステージが輝いて見えました。
作品のネーミング、若い方には珍しく短く簡潔で、

漢字二文字が多いなという印象で、状況が分かりやすく

ストレートな歌詞が作品の説得力につながっています。
優しい気持ちがいっぱい詰まった、相手を思いやる、

心持ちの真っ直ぐさが伝わります。
正直な気持ちを、自分らしさを取り戻すステージ、

また次回も楽しみにしています!
ありがとうございました。

中道ひできさん…
経験や円熟した魅力いっぱいの重みある素敵なステージ

ありがとうございました。
昔の思い出、経験したことの積み重ねが様々な心模様を

呼び起こし、聴く側のそれぞれの立場で気持ちを

重ね合わせられる、懐かしくも切ない作品たちに

しみじみとした想いが込み上げます。
奥様に感謝を表しつつ、お伺いを立てながら、

奥様の立場を立てつつ、心からの気持ちを優しく

柔らかく表現された、ひでさんは本当に優しい

情の厚い方なのだと、あらためて伝わりました。
ピンチを救ってくれる救世主のような、頼もしく

温かい存在、心強い味方のような親しみを感じています。

これからも挑戦し続ける不屈の闘志でステージに

たたれることでしょう。
いつもありがとうございます。

up date 2018/06/18