アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 8/12

台風が次々やってきて蒸し暑い毎日。
夏休みはまだ先です…毎日仲安さんから頂いた梅干しをおまじないのように一個ずつ、今日も無事に過ごせますようにと願いながら食しています。
皆さんも暑さ、お体ご自愛くださいね。

中道ひできさん…
疲労困憊、眠い体をおしてふらふらになるまでステージに立つ、ふらふらになるまで歩いて行こうという作品と共に闘っている様子は、
辛そうに見えつつも諦めては這い上がる、這い上がろうとしてはまた立ち止まるの繰り返しで葛藤が感じられる、人間らしい姿を写し出していました。
誰でも辛いことから目をそらし、楽な方向へ足が向いてしまうのは人間だからで、心の弱さや迷いの表れです。それが人間なのだと、神ではなく無力な人間なのだと、そのままの姿がむしろ飾らない自然体な様子が素直に伝わって、
良しとするのではなく、苦しみながらも目指すものをゆっくりと追い続ける難しさ、強い意志を持ち続けることは難しいけど挫折しながらも追い続ける気持ちが大切なのだと感じました。
何にしても修行、自分を生かすも殺すも自分の心次第だとあらためて考えました。
前を向き、少しずつでも前進すること、頑張ってください。音楽はいつもすぐ側にあります。
ありがとうございました。

吉田有希さん…
先月は風邪をこじらせてライブはお休みでした。
心配しておりましたが元気な様子でお目にかかれて安心しました。
繊細な正確な演奏スタイルはそのままに、新たなギター奏法に挑戦を始めてから回を重ねるごとに余裕が感じられるようになり、正確なリズムと突き抜ける芯のしっかりした歌声がガッチリ重なり合い、完全に習得され吉くんの代名詞になりつつあります。
いろいろなライブハウスでのパフォーマンスも
吉くんのギターテクニックを目の当たりにするオーディエンスが驚きと感動を憶えることは間違いありません。また観たい、また聴きたいと想わせる演奏の力が備わっています。
毎回目を見張るパフォーマンス、次回も楽しみにしております。ありがとうございました。

up date 2018/08/12