アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 9/1

今月から早朝座禅会に参加することに。
心を整え、体を整えることがどれだけ大切か、また難しいか。集中力の無さに愕然としたり
お坊様の法話に涙が出たり。
清々しい朝活の始まりでした。

永田大地さん…
私の大好きな作品である「渡り鳥」からスタート。アカペラからの説得力ある力強い作品と歌声の強さで元気を頂きました。
大地さんの作品はどの作品も前向きでひたむきで、優しさと力強さが上手くバランスよく表現されていて、心満たされる時間でした。
力のこもった伸びのある歌声は聴く人それそれに色々な心模様を描かせていただけます。
目を閉じて静かに、心落ち着かせて大地さんの音楽の世界を感じ、自分の心に問いかけるようにゆったりとじんわりと入ってきました。
日々いろいろある中で動じない芯の強さと柔らかい気持ちが湧いてきました。
ありがとうございました。(^^)v

豊島悟さん…
一年のうちにほんの数回しか出演されない豊島さんですがその演奏スタイルや正確なピッチは、豊島さんの真面目で正直な性格をありありと表し、信用出来る人柄だと、ステージに立つその姿が物語っています。
クールでカッコ良い、引き込まれてしまう豊島さんの音楽世界はワクワクドキドキするような、心が躍るような大好きな感覚で、いつまでもその空気や雰囲気に酔っていたいような、半分お酒に酔っているような、陶酔とはこういうことかと想い、感じるステージでした。
作品は人間観察の鋭さと誰も目をつけないような新しい視点で歌詞に表現の豊かさを与え、聴く人が想像を膨らませる自由な感覚を憶えます。どんなに年月が経っても日々少しずつ進化して新しいものを生み出そうとする静かな躍動が感じられました。また完成された隙のないステージ楽しみにしています!次はアコフェスで!ありがとうございました。

up date 2018/09/02