アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのアコフェスレポート at 9/23

午前8:00、遠くの空に曇り雲。でも雨の心配は無さそうだ。
今年もやってまいりました!アコフェスです。
早朝からいろいろな場所からこの日のために
貴重な時間を割いてお集まりいただけるとは
なんと有り難く希少なことか。
それぞれの方々皆さんが才能豊かな英知を持って、その素晴らしい力を惜しみなく発揮して下さり、年に一度のお祭りイベントが滞りなく
無事に進んでいきました。
もったいないくらい、贅沢な顔ぶれ、演奏、そして何より誇れるものはそのイベントに関わる
者としての完璧なマナーです。
毎年お借りしているアコフェス会場、平塚総合公園内野外ステージは使用にあたっては厳しい
決まりがあり、それをきちんと守れる、使用後の清掃に至っては毎回皆さんのご協力の偉大さに感謝しております。市のご担当者様から「来年もまたよろしくお願いします!」と言って頂ける、本当に素晴らしい完璧なマナーだと、誇らしく感じています。
皆さん、本当に朝早くから長い時間、貴重なお時間を使ってアコフェスにご参加頂き、感謝してもしつくせません。
新旧織り交ぜたアーティストさん同士の横の繋がり、結束力、温かい交流、心から嬉しく有り難い絆になっています。
タイムテーブルが圧してしまって、楽屋の片付けなど気を効かせて綺麗に完璧に片付けて下さった方々、率先して近辺の掃除をして下さった方々、重い機材や観覧用のベンチなど運んで会場を整えて下さった方々、この場に集まって素晴らしいステージを届けて下さり、次の方へバトンを渡して下さりアコフェスがまあるい一つの輪になって皆さんと一つになれた、そんな実感が強く心に残りました。感動、感謝、安心感の言葉につきます。
皆さん、本当に今年もたくさんのお力を出してアコフェスを支えて盛り上げて下さってありがとうございました。
またぜひ来年も、元気で有意義な唯一無二のフェスになるために皆さんのお力を貸して頂けたらと想っております。皆さんは私達の、L-WORDSの宝です。大切に大切にしていきたいです。本当にありがとうございました!

up date 2018/09/23