アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 10/14

大事なことを決めるときは冷静な判断力と物事を理路整然と整理できるシンプルな考え方が
必要だと実感した1日でした。

吉田有希さん…
超絶的ギターテクニックが定着してきたよしくん。今日も鮮やかなテクニックとすっきりとしたオリジナル作品との絶妙なバランスで本日のステージは切れ味抜群に進んでいきました。
優しい印象のパステル調の作品、よしくんのやわらかい印象がそのまま作品に投影されて、柔らかな温かい日溜まりのような香りが漂う「空を見に行こう」、カフェモカの深く甘い香りが漂うような柔らかな気持ちになりました。
超絶ギターテクニックカヴァー作品を間に挟むことで、バランスの良いすっきりとしたステージングが完成されたような気がしました。
オリジナル、カヴァーの良いところがそれぞれ引き出されたバランス良いステージだったと感じました。
茅ヶ崎のミュージシャン仲間の方がご訪問くださったこともサプライズで素敵でした。
ありがとうございました。

杉山洋…
最近はあまり歌わなかった「月がきれいだな」、久しぶりに聴いてみてシンプルな歌詞の中に込められた想いの強さが感じられる、シンプルだからこそ気持ちが浮き彫りされる鋭さがありました。
叫ばないステージ、なかなか表に出ない気持ちの強さがかえって感じられる、静かな情熱が重厚感を醸し出して一つ一つの作品に磨きがかかった感じがしました。目立たない底光りするような不思議な主張が感じられました。
新曲の「でっかい音でやろうぜ」もなんか文句あんのか?と言わんばかりのボブ・ディランのエピソードを元に、堂々とどんな自分も自分以外の何者でもないという証明のような、自分を貫く強い気持ちが感じられました。
批判をもろともしない、自分をしっかり持って表現できる強さ、自己証明の在り方を感じました。少しずつ進化、進歩している様子でまだまだこれからも何かやるぞという意気込みを感じました。ありがとうございました。

up date 2018/10/15