アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 11/3

座禅会で初めてきょうさくを入れて頂きました。
一喝入れて頂くことで背筋が心から伸びた気がして清々しい気持ちで精神統一出来た気がしました。乱れがちな心と体に芯を通して整えて頂いた、素直な心を取り戻すことが出来ました。
有り難いことです。

佳納子さん…
本日はとても賑やかな、楽しいお客様に囲まれてリラックスしてステージに立たれていた佳納子さん。壁越しから伝わる明るく温かい笑い声がステージの雰囲気の良さを物語っていました。
キャベツとにらめっこしている人と、その人に想われている人を柔らかい気持ちで見つめて想像している佳納子さんの心の温かさや物事の見方考え方にとても感心し、羨ましくなりました。
一つの小さなきっかけから想像力を広げていける豊かな広い心と無限の可能性を秘めている才能にあらためて驚きと素晴らしさを感じています。寒い冬もその温かい想像で身も心もホッと温められた気がしました。
佳納子さんの正直で真っ直ぐな柔らかい人柄はこれからもたくさんの人々の心を打ち、確実にファンを広げていかれることでしょう。
これからもずっと応援していきたいと想わせて下さるアーティストさんです。
出会えたことに神様に感謝です。

杉山洋…
先月から今月もまたステージに立つ機会を頂けて自分のお店とはいえ、貴重な場面を与えられたことに感謝していることでしょう。
体力と気持ちを最大限に使って全力で努めるステージ、身を削って絞り出される作品の結晶はたとえ声がかすれていようとふらふらになろうと、ステージや空間に形として発信されその場にいて下さるお客様に注がれ、その熱量はどこへ行くともなくその場を熱く引き締めて表現の形として残るものだと思いました。
音数や言葉数は少なくても、単純だからこそ輪郭がはっきりとしてくっきりと浮き彫りされる形をその場に残していきます。
発せられた音楽や言葉は聴く人の耳や心をすり抜けて空間に放たれ、ミストのように降り注がれ世界を創っていきます。
杉山洋にしか創れない景色を感じて頂けたことでしょう。
ただ淡々と整然と音楽を奏で歌を紡ぐ。それでいいのです。

up date 2018/11/04