アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 11/4

世の中にはいろいろな事情を抱えて苦しんだり
寂しい思いをしたり、言葉では表せない辛い境遇の人々がいることに考えさせられ、こうして平凡でも毎日を無事に過ごせていることに奇跡を感じています。こうして平和に普通の日々を過ごせることに感謝。

杉山洋…
昨日に引き続きステージを努めさせて頂き、また一つ貴重な経験を積むことになった、一緒にブッキングさせて頂いたけんじくんに感謝しています。
無事に2日間、その時出せる精一杯をステージに込めて届けられたと思います。
アコフェスのときに石井佑季さんと共演させて頂いた「タソガレル」のステージでの楽曲、音沙汰の「ホームレス銀河」を弾き語りでやってみるというチャレンジをやってのけました。
原曲を知らないのでどんな雰囲気の作品なのか、杉山洋流のホームレス銀河しか分かりませんが、ゆっくりと丁寧に出せる力を存分に惜しみなく出して表現出来たと感心しています。
コードを拾って独自の解釈でのカヴァー、挑戦する頑張りとライブステージで披露する勇気を讃えたいと思います。
これからもピンチヒッターや通常ブッキングでステージに立つことがあると思いますが、そのたびに場数を踏んだだけの成果が表れて安心して皆さんにお届け出来る納得のステージを期待しています。お疲れさま!

けんじ(しもけん)さん…
アゴの歌だけではない!たくさんの名曲をより選って、あえてインパクトあるアゴの歌やスタンダードなピリカレーの歌を封印して今回のライブは心の中に大切にしまっておいた作品を久しぶりに披露して下さいました!
名曲の数々から今回のチョイスは「クジラが大統領」や「ここにいるよ」。どちらも名曲です。
気持ちがそのまま、見たものをそのまま、感じたままを作品に投影出来るけんじさんの素直さや直感力の強さを感じました。自分の作品を大切に愛おしそうに丁寧に届けて下さいました。
「ここにいるよ」はしもけんライブでも名曲中の名曲で、この作品に触れて涙する人々を何人みてきました。素直な独りきりということへの寂しさや不安感が切々と伝わり、孤独感への恐怖や居場所についての悩みなど冷静にその時の自分と向き合って、今では自分の存在をここにいるよと確実に自分は存在していることを大切に想い、命と向き合い命を心から大切に出来る、そんな大きなラブソングだと感じました。
好きなことに努力や行動を惜しまないげんじくんは間違いなく素晴らしいミュージシャンでした。ありがとうございました。

up date 2018/11/05