アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 11/17

週末の充電時間。カラカラになった心に潤いを注ぐように、音楽を全身に浴びて精神を安定させる。大切な重要な時間です。感謝。

イノウエリョウタさん…
あまりにも素敵な偶然すぎる奇跡。
日頃お忙しいのにたまたま時間が空いて今日はL-WORDSに行こうと思ってくださっていたという有り難いお言葉、そして急遽出演者の体調不良で杉山洋が代打を務める情報をキャッチして歌わせて下さいと申し出てくださった、なんと神のような輝いた有り難い後光のようなまぶしさを感じました。
一週間をやっとの思いで乗り切り、乾いた心に湧き水のような清々しい潤いを与えて注いでいただいたような、心がフル充電されたような満ち足りた心地で聴かせて頂きました。
リョウタさんも急に風邪をひいてしまい体調が良くないところ力を貸してくださり本当に助かりました。安心の、安定のステージ、感謝感激です。心強い身体全体、心ごと温めて頂き代謝が上がって気分もあがりました!お疲れさまでした!

A-Kaさん…
昼間もライブだったとのこと、2ステージをはしごして来て下さり本当にありがとうございます。女性らしい柔らかな優しく穏やかな歌声と可愛らしい気持ちを作品にたくさん散りばめて、柔らかい光を放つ宝石のようなキラキラした歌声がA-Kaさんそのものがくっきりと浮き彫りされてゆったりとじっくりと聴かせていただきました。
眠っていた気持ちが揺り起こされるような、鐘の音のような軽やかなキラキラしたA-Kaさんの作品を聴いているととても落ち着いた穏やかな気分になります。北海道の大地のような広くて美しい澄んだ気持ちをA-Kaさんが持っていらっしゃるからこそだと思います。
次回L-WORDSで歌って下さるのは来年年明けとのこと。A-Kaさんのライブを楽しみに駆けつけてくださったお客様もいらしてまた次回もじっくりとA-Kaさんの音楽世界を楽しんで頂けたらと思います。ありがとうございました。お疲れさまでした!

杉山洋…
代打を合わせてライブをすること今月で3回目。連投登板お疲れさまでした。
急遽の出演でも臆することなくステージに立てることはいつでも対応可能である度胸と日頃から努めて音楽と向き合っていることの賜物だと思います。
表のステージに立つことはどのアーティストさんもそうでしょうが並ならぬ覚悟や度胸がないと務まらないものだと思います。準備不足だったり練習不足だったり、何かと不安要素を抱えながら舞台に立つ、そういった不安がつきものです。それをものともせず果敢にチャレンジして常に心の底から気持ちを届ける、作品の真意を伝える、共感してもらう、それが出来てライブは成立するのではないかと思います。
どんな状況でも自分の信念をまっすぐに届けようと示せることはなかなか誰にでも出来ることではないと思います。ライブを通じてそれが叶っていることはとても幸せなことだなと感じました。歌声にいまいち納得していなかったようですが、それがそのとき出せる精一杯ならそれが正解だと思います。それでそのままでいいのです。お疲れさまでした。

up date 2018/11/18