アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 12/16

昨日に引き続き、お客様の仲安さん、嬉しいご訪問ありがとうございました。
わざわざ美味しいトマトと柿をお届けくださいました。
そしてholyさん御一家、奥様のかな子さんと愛息子草介くん皆さんで年末のご挨拶に訪問くださいました。こんなにも気を配ってくださる方々に恵まれて、心強く心温まりました。
有り難い、本当に大切な方々が私達の周りにはいて下さる、なんと幸せ者なのだろうとしみじみ噛みしめました。感謝してもしつくせません。本当にありがとうございました。

けんじ(しもけん)さん…
元気よく始まりました!私の好きな((笑))「クジラが大統領」やアゴの歌、「歩幅」、大好きな作品が次々と繰り出され、流れるようにステージが進んでいきました。あっという間の7作品、もう少し聴いていたい!そんな風に想いました。
けんじくんの頭で想うこと、心で感じること、ストレートな想いや難解な不思議問答、いろいろたくさん、マーブル模様のようにぐるぐると作品の中に盛り込まれ、言葉とメロディーで次々に表現されて溢れ出るような活気ある、生き生きとしたステージを楽しむことが出来ました。
分かりやすい、伝わりやすい想いや感じたことを語りかけるけんじくんのステージは小さな枠にとらわれない自由な発想や想像で、いろいろな場所で披露されつつあり、けんじくんの言葉と音楽は広くいろいろ場所やいろいろな人の元へと飛び火して大きな輪を広げていっています。たくさんの音楽に親しみ、とらわれない広い耳で様々な音楽に触れ、良い影響を糧として自分の自然に溶け込む音楽にフィードバックしていく、ある意味音楽に対して貪欲な、良いところをどんどん吸収してけんじくん色の音楽としてアウトプットしていくことが出来ています。まだまだ進化を続けるけんじくん、これからも楽しみでなりません!来年も期待しています。楽しみです!ありがとうございました。

よこたちひろさん…
かわいいクリスマスサンタさんに出会えたような、プレゼントありがとうございました。
大切に頂きます!とても嬉しかったです。
自らの心の声を音楽にのせて、言葉を送り出す、ちひろさんのステージはちひろさんそのものを受け取るような、感慨深い、嬉しいステージでした。心の中をうまく表現できない現実がある、でも音楽にして送り出すことで自分の存在や想いを残すこと、消化する事が出来る、なるほどそんな風にステージを創ることも出来るのだと感心して共感して聴かせて頂きました。
アーティストとして一番シンプルで、一番分かりやすく、アイデンティティを表明出来る手段だと納得しました。
共感出来るか批判的な見方をされるか、一か八かという恐怖もあるでしょうが、自分を自分で見つめ直すことも出来て聴く人にもこんな想いでステージに立っていますという自己紹介のようなライブもありだなと想います。
美しい言葉や感動的な言葉は作りだせばいくらでも作り出せる、だけど、自分の表現は自分の真実や自分の言葉でしか語れない。ありのままの自分を魅せることで作品やステージにより光があたって、浮き彫りされることになる、そこには嘘はなくただただ鋭く美しい真実が光っています。ちひろさんは正直な真っ直ぐな、ストイックな人だと感じました。
ありのままの正直な心を魅せてくださってありがとうございました。より近く感じました。
忙しい中でも手を抜かず好きなことを続ける、エネルギッシュな方だと想います。
疲れないように、これからも細く永くお付き合い頂けたら嬉しいです。来年もまた、よろしくお願い致します。ありがとうございました。

up date 2018/12/17