アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 1/20

今年初のライブレポートです。
年明けから体調を崩して先週はライブを逃して
しまい、残念な年明けでした…
久しぶりのライブはとても新鮮な気持ちで、
ワクワク楽しませていただけました。
音楽は生がいい!

杉山洋…
来月、岡山へ遠征に行くことが決まっており、
前回お世話になった方々とも再会が楽しみなところでしょう。
前回から一年ほど、前回好評頂いた「coming soon」という作品を持ち込みつつ、新曲も披露すべく、とても楽しみにしているようです。
通常ライブ今年初、気持ちも新たに初心に帰って丁寧なライブ運びで落ち着いた雰囲気でした。
日頃アンプラグドでの演奏スタイルですが、今回はマイクを立ててギターボーカルを半分電気を通したような状態でのスタイル、ギターと歌声のバランスはまずまず、声の張り上げも楽に歌い上げられ、マイクの良さを生かせたステージになりました。軽やかに気楽に鑑賞でき、肩の力を抜きながらハミングのようなステージで、最後の作品が悲しみの歌ではありましたが心暗くなることなく、楽に聴くことが出来て軽やかでした。日常に流れる何でもない、何気ない音楽、鼻歌のような軽やかさが心を軽くしてくれたような、そんなステージでした。

ANDYさん…
お知り合いのお客様、ちづこさんがライブ観賞に来て下さるかもしれないと、楽しみでしたが、またいつかお会い出来ることを楽しみに、ANDYさんの音楽をきっと楽しみにまた訪ねてくださることを確信しています。
整然と整理するように全10曲を歌い上げられ、とても中身の濃いステージでした。
それぞれの作品の創作年代とどんな想いでどんなときに出来上がった作品なのか、大事に丁寧に説明しながらステージを創られました。
明るく楽しく、軽快に爽やかに、ANDYさんの特徴をたくさんの良さが散りばめられた活気あふれるフレッシュなステージ、観ているこちらの心を根こそぎ持ち上げて温めてホカホカにしてくれる、元気のエネルギーをたくさん注入して頂きました。
やはりライブはいい!と心から想わせてくれる素晴らしいステージでした。
忙しい日々の中でやるべきことを淡々と目標を持って進められる、その先にはきっと輝いたゴールが待っている、そんな希望あふれる予感を感じました。ありがとうございました!

up date 2019/01/21