アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポートat5/25

懐かしい友人と久しぶりに再会する、とても嬉しく離れていた時間があっという間に取り戻せる、距離を感じさせない親しさが心温まる空間でした。

福西康全さん… 
迫力ありながら温かみのある歌声はお腹の底から気持ちを押し上げる心強さを感じました。
カヴァー作品を和訳で歌われたり、大地さんの作品をレコーディング用にオケを録られたり、精力的に音楽に注ぐ気持ちの厚みがステージにも表れていて楽しく感慨深くステージを楽しむことが出来ました。
歌詞の意味を噛みしめるようにじっくりとその作品の世界に浸る、作品を朗読するというボイストレーニングの課題があるとのことで、あらためて声に出して作品をあえてメロディに乗せずに朗読するということは歌詞と真正面から向き合って心の内側を見つめ直すような、ご本人にとっては少し気恥ずかしいことだとおっしゃっていましたが、作品を作ったときの心情や心の変化を見つめ直すことで新しい作品を創るときの手掛かりにもなるのではないかと、とても素敵な訓練だと思いました。
ライブ形式の音楽ありきも素敵ですが、言葉だけの世界もまたより素敵なのではないかと感じました。心が弱くなっているとき、そっとそばに居てくれる音楽、福西先生の音楽はそんな何気ない言葉の中に隠れた優しさが存在しています。今日も心を温めて頂きました。
ありがとうございました。

永田大地さん… 
約二年ぶりに再会したお友達がライブに駆けつけてくださいました。いつもご参加下さる仲安さん、そして懐かしいお友達服部さん。
よくお話は伺っていて、島巡り仲間であり大地君と気心知れた間柄の気の置けないお友達、その久しぶりに再会されたお友達の前で歌うことは不思議な緊張感に見まわれているようで、でもとても嬉しそうな様子でこちらも嬉しくなりました。
きっとしばらく大地君の歌やステージから時間が空いてしまっていたと想いますが、歌声を聞いた途端、離れていた時間が時空を超えて、ぐっと距離が縮まったような感覚で懐かしさと同時に親しみ深さも蘇ってこられたのではないでしょうか。
トランプ大統領の来日や相撲の話題に関連付けだ時事ネタに合わせたセットリスト、安定安心の「僕はさかな」や「渡り鳥」、服部さんもしばらく大地君の音楽から離れていた分、とても新鮮な気持ちでステージを楽しまれたことでしょう。また遠いですが、服部さんがステージに顔を出して下さることを楽しみに待ってます。
ありがとうございました。

up date 2019/05/26