アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 10/11

はっきりしないお天気、厚い雲の切れ間から日の光が差していました。コガレルのしゅんたろうさんが遊びに来てくださいました!

さとうたかみさん…
初めてL-WORDSに出て下さった時はまだ中学生でした。今はすっかり大人になって素敵な大学生です。何というか、雑味のない真っ更な生成りのような、洗いざらしの気持ちの良い質感というか、天然素材感が心地良く爽やかな風のように音を奏でて届けてくださいました。
漠然とした、でもしっかりと自分の意志を持っていて、こうしたい、ああしたいという気持ちがぼんやりとでもしっかりと心の中にあって、迷いながらも真っ直ぐ行く先を見据えている、これからも楽しみなアーティストさんです。久々のL-WORDSのステージでしたが、ご本人は緊張のため笑顔が絶えない、足が震えてしまうけど楽しんでいる様子がアンバランスで面白かったです。緊張で笑うって、とても良いことだな~と感じました。自動的に自分で自分の緊張を解す機能が働いて良い状態に持っていけることは素晴らしい才能だと思います。作品の中で印象的だった歌詞に「電車が通り過ぎた後の何もない静けさの中で何かが残った」という内容の歌詞があり、何もない後にも心の中に何かが残ることの無の風景があることをうまく表現されているな~とその言葉の余韻に浸りました。一つ一つの言葉やメロディが独特で気になる作品ばかりでした。また来月もご出演くださるのでまたたかみワールドに浸りたいと思います!ありがとうございました。(^^)v

イノウエリョウタさん…
気持ちが前に前に出る突き抜けるような歌声で今日も元気をいただきました。最近年齢のせいか、思ってもみないところで疲れを感じたり体の不調を感じたり、実際今日も朝からめまいで横になっている時間が多く鉄剤を飲んだり胃薬を飲んだり、予期せぬ不調と格闘しておりました。でもリョウタさんの力強い歌声で元気付けられ、たかみさんの素敵な歌の世界で癒され、本当に心のクリニックのようなライブでした。リョウタさんの歌や作品を聴かせていただき感じることは、良いこと悪いことたくさん色々あるけどそんな線引きはあまり意味がなくて、もっと日々遭遇する出来事の奇跡や感動を大切にするべきで何気ない日常の中からちょっとした発見や大切にしなければならないこと、見過ごしてはならないことを取り上げて噛みしめるように毎日を生きていこうと、忘れかけている大事なことに気付かせてくれるな~ということです。リョウタさん自身がそんな風に日常を過ごされているかは分かりませんが、自然とそんな雰囲気が作品を通じて伝わってきます。ご本人が意図しないところで受け取る人間に素敵な印象を確実に与えてくれている気がします。今日も元気をいただきました。ありがとうございます!(*^_^*)

up date 2015/10/12

めぐみのライブレポート at 10/10

杉山両親の結婚記念日でした。父が生きていたらきっと金婚式。亡くなっても愛する人に変わりはなく、母はずっと父を想っています。
そうありたい、理想の夫婦です。(*˘︶˘*).。.:*♡

石井佑季さん…
シックな黒い衣装で大人の魅力があふれた素敵なライブでした。力強い歌声に背中を押されるようです。最近はライブ中にアドリブで歌って新たな曲?が出来そうな勢いとのこと、新曲を創るぞ!という力みがなく自然に歌いたいことや感情から湧き上がってくるメロディ、そういうナチュラルなものが名曲に繋がるのではないかと感じさせるような、今までにない新しい創作のリアルなライブだったと思います。
ライブは生き物、その時その瞬間にしか出会えない感動があるものだと思うので、その中で演者さんがリアルタイムに感じたことをそのまま自分という楽器を通して発信する音や詞は嘘がなくありのままの素のままを映し出す貴重な瞬間だと思います。そんな貴重な瞬間に立ち会えることはなんと贅沢なことだろうとあらためて鳥肌が立つような幸福感です。自分の瞬間を生々しく生きている、そういう実感がわくライブでした。
私が少しいつもより元気がないことを心配してくださったようで、申し訳ありません。
私も生身の人間なのでどうしても老朽化が否めません。まだまだ大丈夫と思っていても寄る年波にはかないません。(^_^;)無理はしないのでご心配なく。(^^)vありがとうございます!気遣ってくださるその気持ちが本当に嬉しく有り難いです。本当にいつもありがとうございます!(●^o^●)

keytonさん…
北海道から沖縄まで車でライブ遠征されているパワフルなアーティストさんです。旅の途中にL-WORDSのライブ出演選択してくださったこと、心から嬉しく感謝しています。
スノーボードのプロを目指していらしたらのですが怪我のアクシデントでその夢を断念せざるを得なくなり、その入院中に体を壊しても年をとっても続けられることは何か、考えられ昔スノーボードの他に音楽もされていて音楽ならずっと続けていける、一念発起、お仕事を辞められ音楽で生計を立てていく決意をされ、今回の日本縦断ライブツアーに出られたそうです。
険しい道のりだとは思いますが色々なことをkeytonさんなりに深く考えておられる様子がお話を聞いていてとてもよく伝わりました。
きっと旅の終わりにkeytonさんが納得される正しい選択が出来るだろうと信じています。
自分を信じて自分を大切に、一度きりの人生精一杯悔いなく生ききられることでしょう。
応援しているので旅に疲れたり日々に疲れた時はL-WORDSを思い出していただき、ぜひ立ち寄って頂きたいと思っています。ありがとうございました。(*^_^*)

up date 2015/10/11
Page 100 of 188« First...50...9899100101102...150...Last »