アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 3/20

天気予報は予報どおりにはならず、肌寒い春の雨。桜は保ちそうなので良かった。 
お花見出来るかな。 

コガレルさん… 
皆さんご存知、石井佑季さんと哀川俊太郎さん(字が違っていたらごめんなさい…)のユニット、コガレルで久々のL-WORDSでのステージでした。お二人の見事な合作楽曲はお互いの持っている魅力をうまく作品に反映して、どちらが強く出ることもなく、バランスよく融合した感じがとても素晴らしいユニットだと感じました。 
ヨーロッパの古い石畳の路地裏の街に白いモヤがかかったような、朝早いのか、天気のせいなのか、とにかく霧やモヤが一面にかかった風景が想いめぐって、何かとても懐かしいようなノスタルジックな不思議な音楽の世界に浸かった感じがしました。スピリチュアルな目に見えない不思議な力を感じる、現実の世界から少し離れたところから見下ろしているようなどこか落ち着くような生温かい音楽の世界を楽しませていただきました。お二人共変革の時期で日々忙しくされているようですが、落ち着く場所で納得のいく幸せな時間を探りながら、ゆっくりと居心地良い生活を送られることを願っています。すでに佑季ちゃんはちゃんとご自分の居心地良い空間を見つけ、心に余裕を持ちチューリップに水やりなどしていると伺って何だか安心しました。心和む空間、時間を持てることは本当に幸せなことだと思います。身を持って幸せを実感できる、その証だと思います。みんなにそんな幸せの証が増えることを願っています。 

イノウエリョウタさん… 
一曲目から泣けました。温かい何かが心を打ちました。 
かつて世音さんというアーティストさんが毎月ライブをしてくださっていましたが、その方のファンの方で毎月欠かさず遠方からライブを観に来てくださるお客様がいました。その方は世音さんの声に、歌声に癒され気持ちが安定する、とよくおっしゃっていたことを憶えています。まさにリョウタくんの歌声、声に私は癒されその安心感が涙になって表れたのだと思いました。新曲も誰もが感じる大勢の中の自分を歌った、うなづける作品で大勢の中の個を意識した孤独や違和感をとても分かりやすく、でも決して悲観するのではなく現実を認めつつ未来へ向かって進んでいく前向きさが感じられ、心を強く照らされた想いでした。 
花粉症で喉が本調子ではない中、力強く歌を届けて下さり今日もその力に励まされ元気をいただきました。 
皆さんの音楽が耳から大きな流れとなって脳みその隅々まで行き渡り、その勢いで日頃溜まってしまっている嫌な記憶やモヤモヤしたすっきりしないことなど洗い流して、脳みそのシワの一つ一つまではびこっている悪い異物をすっきりと洗い流して押し出してくれるような、そんな爽やかな気持ちにさせてくれます。 
お墓参りで墓石の何々家と刻まれた文字に溜まった汚れを水の勢いで洗い流すような、そんな心地です。例えが微妙ですね…お彼岸にちなんで頭にふと浮かんだ例えです。(笑) 
そうして綺麗さっぱり洗い流された頭の中はすっきりと整理されてまた違う新鮮な感覚を刻むことが出来、脳裏に焼き付けることが出来るのだとおもいます。良いことも悪いことも、頭がいっぱいの状態ではうまく受け入れられず考えることすら出来ない、大切なことを忘れてしまいかねません。皆さんの音楽を聴かせて頂き脳の中を良い状態に保つことで新たな情報を吸収することが出来るのです。 
精神も落ち着いて健康を保つことが出来る、私には必要不可欠なことだとあらためて感謝しています。ありがとうございます!

up date 2016/03/21

めぐみのライブレポート at 3/19

春ですねぇ。暖かな、でも雨も降りました。
桜もすぐ咲いてしまうでしょうね。
お花見できるかな~。

福西康全さん・.monchikaさん…
お互いの楽曲をエールを贈るように丁寧に、心を込めて、歌声の手紙を贈りあうように、素敵に温かく、心を届け合うような素敵なライブでした。
歌声が違うことでこんなにも作品に見える風景が変わるものかと、とても驚きました。
monchikaさんが歌われた福西先生の代表作品「呼吸」。女性の声で初めて歌われるのを聴いて、先生の声で届く作品の場面がmonchikaさんの歌声の色に見事に塗り替えられ、作品の印象自体がガラリと変わり新鮮な気持ちで聴かせて頂くことができました。
最後にお二人で演奏、デュエットされた「心の在り処」もいつもと違うピアノの伴奏やギターのメロディ、ピアノとギターがうまく噛み合って素敵な作品のメロディや歌詞がゟ素敵に彩られ、これまた新鮮な違う楽曲に変身していて感動しました。アーティスト同士がお互いをrespectしてそれぞれの良い部分を持ち寄って高めあって、大切にそれぞれの作品に向き合って心を届けてくれる、胸が熱くなるような素晴らしいライブでした。
これからもたくさんのアーティストさんがお互いにお互いの作品を認め合ってコラボしてくださるような、そんな領域を越えた素敵ステージからいくつも魅せて頂けることを期待してみたいと思います!
お二人共、今日のために時間を割いて準備してくださったこと、心から感謝しております。
素晴らしいステージをありがとうございました。強く濃く、心に脳に刻ませていただきました。\(^o^)/

up date 2016/03/20
Page 152 of 261« First...50100...150151152153154...200250...Last »