アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポートat11/24

寒い1日、暑い1日、変な毎日。久しぶりに会えた仲間たち、心から楽しんだステージ、どれをとっても私達を創る一部始終でどれをとっても大切な一瞬。幸せとはこんなことの積み重ねなのだろう。感謝。

永田大地さん…
咳に悩まされる日々、心配していましたがお薬が効いていたのか、不調を思わせない素晴らしいステージでした。音楽の神様がステージを無事に終われるよう見守ってくれたのでしょう。
大地さんの日頃の心がけや気持ちの美しさがピンチの時でも救われるのでしょう。
今日も心を込めて丁寧に作品の素晴らしさを届けてくださり、その歌声と語られる歌詞が耳を通して脳を通して、心の中にじんわり浸透していきました。
真っ直ぐ過ぎる正直さや心動かされた風景、雪の白銀の世界にテンションがあがりながら、心も頭も白紙にまっさらにリセットしてリフレッシュしていく様子がとてもよく伝わり、空白の味わい深さや静けさに身を置いて自身を見つめ直す自分に対峙する大切さを感じました。
私も雪深い場所大好きで、想像の中で雪に閉ざされた閉鎖的な空間に身を潜め、深々と雪が降り積もる音にならない音をじっと聴いている、動かない時間が何とも言えない切ない孤独の中に少しの温もりに幸せを感じるような、そんな空想を楽しむことがあります。
大地さんの「白銀」を聴きながらその世界の無限の安らぎを感じました。楽しかったです。
ありがとうございました。

けんじ(しもけん)さん…
飛び出すような驚きのセットリスト、新曲も交えてテンポ良いステージに躍動感と高揚感を感じて、心躍る楽しいステージでした。
久しぶりにL-WORDSを訪れてくださった伊藤拓也君の素敵な作品「100万円」に対してリスペクトするあまり、対抗してしまった作品「101万円」や物事には必ず最初に出会う一歩があっていつも新鮮な気持ちを持ち続けける「はじめまして」という作品、初めてのことにまだまだ可能性を感じて、新しいことへのワクワクする気持ちや感動する気持ちを大切にしなければいけないという薄れがちな大事な気持ちを呼び起こせて本当に有り難い気持ちになりました。
けんじさんの作品には当たり前の忘れかけていたことを目からウロコのように気づかせて下さる大切な言葉がたくさんちりばめられていて大切なことを心に刻んでずっと大事に出来るよう導いてくれる力があります。
シンプルな言葉とメロディーが固い頭を柔らかくほぐして本当に大切なことは何なのか、忘れてはならないことを心に留めておくことが出来る、柔らかい言葉で人生の教えを説いてくれる素直な心に戻っていく力があります。
そのたびに心が浄化され生まれ変われるような気がします。ありがとうございました。

up date 2019/11/25

めぐみのライブレポートat11/16

秋晴れの気持ちよい1日。
1日の締めくくりを心地よい音楽を浴びる贅沢。本当に贅沢な恵まれた喜びを感じています。感謝。

イノウエリョウタさん…
二部構成のステージ、まずはソロで。
久しぶりの懐かしい作品も楽しませて頂き、
懐かしさと年月の速さをあらためて感じました。
リョウタさんがL-WORDSを訪れてくださってからもう10年ほど経つようで、家族のような親しさと近い距離に幸せを感じました。
亡くなったおばあちゃんを想って創られた作品でおばあちゃんの亡骸からお母さんの面影を見たという歌詞、ふとした一瞬に切なさが感じられ家族ならではのリアルな感覚に共感しました。仲間を大切に想う作品、掛け替えない友達との繋がりに感謝しリスペクトする気持ち、作品のそこここに溢れていて素敵な友達に恵まれていることにあらためて気付かされ、温かな気持ちになりました。

えせうたうたいとどらむすこさん…
後半、唯一無二の親友である、あっくんが加わってリョウタさんの作品が「えせうたうたいとどらむすこ」に繋がった、活気あふれる楽しくも切なくも力強い、体ごとリズムに乗って宙に舞うような心も体もまるこど温まるステージでした。
二人の信頼し合った、分かり合えているからこそのプラス相乗効果で作品により明るい彩りが加えられ、輪郭がはっきりとした作品の核が示され、導かれるように心が持ち上げられて前へ前へ乗り出すような強い太い気持ちが嬉しかったです。
こうしてお二人のステージを鑑賞しながら、誰にも気づかれないような裏駅の小さな小さなボロい空間から光の矢が放たれるように輝く未知の音楽が発信されている、かすかにその音楽の灯りを頼りに上質な音楽が何であるかが分かる耳を持った人がその未知の音楽の輝きの矢を道しるべにL-WORDSへたどり着き、上質の音楽を心ゆくまで楽しんでくれるようになる、今日私が切に願うことの一つです。
L-WORDSでの音楽の楽しみを知られたくないような、みんなに等しく知って欲しいような、出し惜しみしたいような、少し意地悪な心持ちです。それだけ皆さんが発信する音楽を誇りに想い、大切に想っている証だと感じています。

今日も素敵な音楽を聴かせてくださって本当にありがとうございます。

up date 2019/11/17
Page 2 of 26812345...50100150...Last »