アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

ひろしのライブレポート11/23

きのうはチカちゃんとセンセイの共演でした!

image

チカちゃん、赤いカーディガンが良く似合う。

image

センセイ。リハ中です
エルワーズはリハも本番も笑いが絶えない(笑)です。

image

そしてライブスタート。
前半はセンセイ。センセイは今日もやっぱ僕らのセンセイでした。一曲一曲がカラーの異なる曲たち。勉強になる。

image

座りきれなくて隅っこでライブを見守るチカちゃん。写真じゃ上手く伝わらないけどなんかとても可愛かった。

image

チカちゃんのライブは聴き入ってしまって写真撮るの忘れた(笑)。これ本番前。
エルワーズを舞台にした
「桃浜町で会いましょう」という曲を書き下ろしてくれました!

image

ライブ後にツーSHOT。
最後にセッションもあり充実のライブでした。
センセイとチカちゃんとエルワーズ 見えない絆でつながっているんだなぁ…そんなふうに思った一日でした。ただの一つの店をこんなに愛してくださっているお二人がとてつもなくいとおしく有り難いです。そしてライブに参加してくださったお客様、ほんとにありがとうございました!
また僕らに会いに、素晴らしい音楽を聴きに来てください!

平塚L-WORDS  杉山洋

up date 2017/11/24

めぐみのライブレポート at 11/19

今季一番の寒さ…身が細る思いです…(実際は細くなりませんが…(^^;))
でも今夜も素敵な音楽に心も体も暖まりました!感謝、感謝。

伊藤拓也さん…
香港への旅のお話や紅葉を撮りに行かれる話、今夜もMCは大小様々な話題で楽しませていただきました!MC苦手とおっしゃっていましたが一言一言に狙っていない面白さがあって、むしろ平凡な日常の話でも膨らんでいくような、拓也さんならではの話のリズムや味わいがあって楽しめました。感性の違いで会話や話題は様々に変化して人となりが表れて楽しいなと思います。
音楽にも演奏される方々の個性がはっきりと表れて、カヴァー一つとっても同じものはなく、その人そのものが演奏や雰囲気に表れて違ったテイストの作品披露として成り立っています。
オリジナルはもちろん、その人が写し出される鏡のようなもので、作品や歌声を通じてはっきりとその人が浮き彫りされる、嘘をつけない正直な姿がそこにあります。
拓也さんの作品はさらに彩りを増して心ワクワクするようなカラフルな作品から美しい感性がこぼれ落ちていきます。心根の優しい、正直な人柄がにじみ出ています。
柔らかな日差しの中で前へ進む穏やかな気持ち、確かに感じて私も進める気がします。
今日も素敵な音楽と歌声に励まされ癒されました!ありがとうございました。

上條葉月さん…
都内はもとより、埼玉に、近いライブハウスからもオファーを頂いてご出演される葉月さん。活動の幅をより広く広げられ、たくさんのライブハウスからオファーを受けるほど出演を熱望される、光栄なことでしょう。
歌いたい、歌える場所を開拓されてますます輝く場面が増えることでしょう。
元気いっぱい明るい葉月さんらしく、はじけるような勢いあるステージ、短い作品の中にぎゅっと詰まった葉月さんの言葉の世界、オリジナルにしか出せない輝く要素がたくさん詰まっています。
お仕事も忙しくなろそうでなかなか思うようにライブ出来る機会が減ってしまうかも白ませんとのこと。
毎月ご出演くださる葉月さんにもしかしたらお会い出来ない月もあるがもしれません。
確実にお会いできる貴重なステージになるよう、また次回も楽しみにしています!
ありがとうございました!

up date 2017/11/20
Page 5 of 190« First...34567...50100150...Last »