アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 3/19

春ですねぇ。暖かな、でも雨も降りました。
桜もすぐ咲いてしまうでしょうね。
お花見できるかな~。

福西康全さん・.monchikaさん…
お互いの楽曲をエールを贈るように丁寧に、心を込めて、歌声の手紙を贈りあうように、素敵に温かく、心を届け合うような素敵なライブでした。
歌声が違うことでこんなにも作品に見える風景が変わるものかと、とても驚きました。
monchikaさんが歌われた福西先生の代表作品「呼吸」。女性の声で初めて歌われるのを聴いて、先生の声で届く作品の場面がmonchikaさんの歌声の色に見事に塗り替えられ、作品の印象自体がガラリと変わり新鮮な気持ちで聴かせて頂くことができました。
最後にお二人で演奏、デュエットされた「心の在り処」もいつもと違うピアノの伴奏やギターのメロディ、ピアノとギターがうまく噛み合って素敵な作品のメロディや歌詞がゟ素敵に彩られ、これまた新鮮な違う楽曲に変身していて感動しました。アーティスト同士がお互いをrespectしてそれぞれの良い部分を持ち寄って高めあって、大切にそれぞれの作品に向き合って心を届けてくれる、胸が熱くなるような素晴らしいライブでした。
これからもたくさんのアーティストさんがお互いにお互いの作品を認め合ってコラボしてくださるような、そんな領域を越えた素敵ステージからいくつも魅せて頂けることを期待してみたいと思います!
お二人共、今日のために時間を割いて準備してくださったこと、心から感謝しております。
素晴らしいステージをありがとうございました。強く濃く、心に脳に刻ませていただきました。\(^o^)/

up date 2016/03/20

めぐみのライブレポート at 3/12

日々色々なことがありますが、あらためて私の周りにいてくださる方々から元気をもらったり癒やされたり、有難いなーと、人に恵まれていることを実感しています。(*˘︶˘*).。.:*♡

tokueさん…
体調をくずされて心配しておりましたが、見事に復活され元気にライブを努めてくださいました!今日も丁寧に心を込めて、聴いて下さる方々に敬意を表しながら「胸を借りるつもりで」と恐縮されながら緊張されながら、しっかりとtokueさんのステージを魅せて下さり楽しませていただきました。
L-WORDSのレギュラー出演者であるholyさんの作品「君のことは考えないようにしてた」をカヴァーされ、tokueさんが演奏して歌われるとこうなるのかぁ~と新鮮な感覚で聴かせていただきました。「ラブストーリーは突然に」も懐かしく、でもtokueさんがカヴァーされることで新たな角度から楽しむことが出来て、完全カヴァーよりも味があって素敵でした!オリジナルも色々な毛色の作品を緩急つけて届けて下さり、どの作品もtokueさん自身が全面に表現された、その心模様がしみじみと伝わって納得の素晴らしいライブでした。
日々お忙しいとは思いますが、体を大切に労りながらまた元気なtokueさんの素敵なライブを楽しませていただきたいと思います!ありがとうございました。m(__)m

いもりんさん…
新曲2曲、動物シリーズでもなく古代シリーズでもない、新しい切り口の懐かしい風景が漂う、心静かな優しい作品、心の記憶や日々の忙しい中で走り去っていく日常を走馬灯のように巡り巡る様子が軽快な作品、楽しませていただきました。しっかりとしたクラシックピアノの旋律で絶対的安定感で土台のしっかりした作品は骨組みがしっかりしていて、揺るがない重厚感が心の奥底にはっきりと響いて届いていく、引き込まれるようなクリアで力強い歌声も作品の印象をゟ鮮明に焼き付けていきます。
ご家族がとても協力的で本当に仲良く、心から応援、支えていらっしゃる様子が羨ましく眩しく、素敵だなぁ~と感じています。
いもりんさんの作品の中でもひときわ印象的な「おじいさん」に対して「おばあさん」という作品がある!?と伺い、是非「おばあさん」もいつか聴かせて頂けたらと楽しみにしております!
クリスチャン・ラッセンの絵画を観ているような素晴らしい音楽の世界、これからも幅広く多くの皆さんに聴いていただき浸透していかれること期待しています!
ありがとうございました。(*^_^*)

up date 2016/03/13
Page 4 of 512345