アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 5/29

心をフラットにして何にも縛られず、ただひたすら好きな音楽に触れる、癒される、L−WORDSはそんな場所でありたいです。

イノウエリョウタさん…
アンプラグドでリョウタさんそのものをじっくりと受け取れる、感じられる、そんなゆったりとした静かな穏やかな時間が流れました。
疲れを癒やすような、足湯に浸かるような、ほつれたりねじれたりした心を少しずつ解して再生させるような、リョウタさんの歌を浴びることで気持ちをリセットさせることが出来ます。
空っぽになった空虚な気持ちを充電させるような、優しい幸福感にじわじわ満たされる心地です。何より言葉の一つ一つに共感したり優しいメロディや力強い迫力ある歌声に勇気づけられたり、様々な形で体全体を包んで温めてリラックスされてくれました。
固まっていた心が溶かされて涙が流れ心が柔らかくなっていく感覚を憶えました。
リョウタくんにとってもL−WORDSが居心地の良い再生の場所であって頂けたら本望です。今日も素敵なステージをありがとうございました。\(^o^)/

すぎやまひろし…
歌う機会が増え、以前創った懐かしい作品を復活させたり、親友だった宇塚弘さんの素晴らしい作品をすぎやまなりにアレンジしてバトンを受け取るように歌い継ぐ、確かに魂は引き継がれていると感じています。
試行錯誤しながらのステージですが、大切な仲間たちとの繋がりを大切に、ステージに立つ側の気持ちを感じつつ、丁寧にライブに臨んでいる姿はL−WORDSをこれからもみんなの居心地の良い場所であるように、より雰囲気の良い音楽空間で在り続けられるために出来ることは何でもやろうという意気込みのように感じます。そんなに気負ったことではないかもしれませんが、常に頭の中はお店のことで一杯、アーティストさんやお客様を温かく繋ぐ場所でありたいと願っていると思います。私ももちろん、同じ気持ちで大した役にはたっていませんが、皆さんとL−WORDSで繋がらせていただくことで元気を頂き、また前へ進んでいける、心の拠り所となっています。
独特な雰囲気のステージではありますが、すぎやまひろしが出せる精一杯をナチュラルに何となく、皆さんに届けていけたら幸いなのではないでしょうか。
また来週、ステージでお目にかかる機会があるようです。是非また皆さんと音楽をナチュラルに淡々と共有出来たら幸いです。ありがとうございました!

up date 2016/05/29

めぐみのライブレポート at 5/28

スリーマンのバラエティ溢れる聴き応えあるライブでした!

けんじさん…(しもけん)
ほのぼのと、そのままの天然素材を活かした作品の数々、けんじさんの素直で優しい、そのままが見て取れる柔らかなライブでした。MCも歌声もはっきりとした口調で、けんじさんの強い意志や、音楽が好きで心から愛していることをはっきりと伝えるような、聴いて下さる方々みんなへ届けたい!という心の表れだと感じました。
歌詞もメロディも飾らず嘘がない、真っ直ぐ心に届く朝日が窓から真っ直ぐ差し込むような、暖かで柔らかな心地よい目覚めを誘うような、聴き終わったあとに爽やかな風が吹き抜けるような清々しさを残してくれました。
新しい作品もまだまだ生み出される予感です。
「樋口ダッシュ」すごくカッコイイ、素敵な作品に仕上がっています!是非、神・樋口さんにも聴いて頂きたい!アルバム、ミニアルバム、シングル、それぞれに味のある、絶賛発売中です。是非一度聴いて感じてみてください!けんじさんの素敵な輝きがきっと分かるはずです♪

tokueさん…
朝早くから真面目にコツコツとお仕事も手をぬかず、そんなtokueさんだからこそ何事にも真っ直ぐ前向きに丁寧に努力される様子がライブを通しても表れていて、ひたむきさと正直さがギターの音色や歌声、歌詞にもはっきりと、時にぼんやりと漂っています。毎回何かしらご自身で課題を決められているのか、とてもストイックに途中のMCにも手を拔かず、ライブの回数をこなすごとにいろいろなスキルがアップされていく様子が毎回楽しみです。でもライブ終了後にお話させて頂いている会話の中での一言に結構ユーモアや意外な面白さが隠れていたりして本番のMC以上にtokueさんの可愛らしさや面白さが表れたりしてライブ終了後も楽しませて頂いております!お菓子マイスターらしい素晴らしいお菓子のチョイス、いつも美味しいものを確実にお持ち下さり、それもまた一目置かせて頂いております!お菓子好きな私としてはtokueさんがご紹介くださるお菓子がどストライク!で、愛食させて頂いているものもあります。味覚が近いということはおそらく音楽的感覚や詩的感覚もどこか共通する部分があると思うので、これからもtokueさんが発信される音楽を楽しみにしています!最後にカヴァーされたスキマスイッチの「奏で」、大好きな作品です。作品のチョイスもどストライクでした!

伊藤拓也さん…
愛媛と高知に旅行に行かれたとのこと、お土産の塩けんぴ!美味しく頂かせていただきました!旅の話や撮影された写真、旅先での名物や出来事、MCの中で色々お話くださって楽しませていただきました!
拓也さんの音楽の中にはたくさんの興味や嗜好が詰め込まれていていろいろな国、場所、場面が色とりどりに表現されていて、その時の心模様や感じていることが、心をつかむ美しいメロディや空想を掻き立てる独特な言葉たちで雰囲気をうまく伝えてくださいます。
それぞれの受け手がそれぞれの頭に描いた作品に対する印象や想いを自由に白紙のキャンバスに描いていけるような、自由自在の受け止め方が出来る作品を届けてくださいます。
何度か聴かせて頂いている作品もその時々で微妙に印象が変化したり思い描く風景が違って見えたりします。「流氷の家」は今日は自分がアザラシのような生き物になって氷の海の中から上の世界を仰ぎ見ているような、氷越しから薄明るい氷上の世界を覗いているような、そんな感覚で聴かせていただきました。どの作品もその時々でイマジネーションが変化していく、進化していくわくわく楽しい作品ばかりです。メロディや曲調の美しさにも魅了されます。

up date 2016/05/29
Page 1 of 41234