アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 5/8

母の日でした。日頃相変わらず心配ばかりかけている母たちに感謝を込めてお花をプレゼントしました。ささやかですが、心からの感謝を込めて…長生きしてほしいです。
ふつつかな娘の切なる希望です。

福西康全さん…
体の中から、心の奥から、振り絞るような全力の歌声で心の叫びを歌われる、弾き語りの真髄を魅せて頂いております。
情景が浮かんでくる歌詞や言葉に込められた心情がリアルに鮮明に写し出され、いつしか自分の気持ちに置き換えて深く考えることが出来る、そんな参加型のライブでした。
心の中のモヤモヤや吐き出したい気持ち、誰かに知ってほしい叫びは大なり小なり皆さんの心の中にも様々な形で存在していて、それをどう処理して良いか、自分の中だけでうまく消化して解決出来ることばかりではないので、歌に込めてすっきりと整理してしまえたらどんなに体が軽く楽になることか、私自身、福西先生のライブを魅せて頂いて自分の吐き出したいすっきりさせたいモヤモヤをライブと共に発散・消化させていただけたと思っています。
作品の一つ一つに心があって、その心にどこまで寄り添えるか、擬似体験できるか、どう伝わっていくのか、その時々の聴き手の心情にも寄りますが心の深い所まで届く歌声とメロディ、歌詞の説得力がうまく作用して心を震わせる素敵なステージをお届けくださいました。
たくさんの様々な生徒さんと関わる、大変だけど素敵なお仕事だと思います。だからこそ心が生々しく、活き活きと作品に表れてリアルに伝わるのだろうと想いました。
授業を受けているような、大人の、人としての勉強をしたようなそんな素敵なステージをありがとうございます!

山下タダシさん…
ほぼ3年ぶりのステージとのこと、そんなに時間が経っていたとは信じがたい、全く違和感なく動じない、相変わらずの味のある素敵なステージでした。ギターも歌声も変わらず優しく、淡々とストレートに淀みなく心の中を浄化してくれるような、美しく切ないステージでした。久しぶりに再会したはずなのに全く距離を感じない、仲間とはそういうものなんだな〜とあらためて絆の強さを確認できて嬉しかったです。
こんな風にフラッと昔からの仲間が、時間を経ても変わらず心を開いて打ち解けられることは本当に有り難く幸せなことで、遠く離れた家族が久しぶりに訪ねて来てくれて懐かしい話や元気な姿を見せに来てくれたようで、永くお店を続けてこれて本当に良かったと心から想う瞬間です。心通い合う仲間とは時空を超えて無条件で繋がることが出来る、信頼して安心して向き合える、そういうことなんだとあらためて仲間の有り難さ、大切さを実感しました。
おかえりなさい!またL−WORDSの仲間、上層部の重鎮として関わって頂き、益々たくさんの素晴らしい仲間たちと繋がっていけるように、豊かに素敵に音楽を楽しめたらどんなに素晴らしいか、実感しています。これからもずっとL−WORDSを、仲間達をよろしくお願い致します。嬉しい母の日のプレゼントいただきました!\(^o^)/

up date 2016/05/09
Page 4 of 41234