アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 9/18

本日は急な変更があり、急遽すぎやまひろしが2日連続でステージに立ちました。
なかなかこのような機会はないので、貴重な2daysになりました。予期せぬお客様にも恵まれ、ライブを観ていただく機会が作れて良かったと思います。
ステージに立たれる方は皆さんそうですが、オリジナルを堂々と自分の証明として、アイデンティティーを持ってそこに立たれる、本当に羨ましく素晴らしいことだと思います。
自分を自由に表現できる、自分証明は身分証明よりもより深くその人そのものを知ることができ、より深いところで繋がることが出来る大切なコミュニケーションツールだと感じています。その場面に立ち会えて作品に触れさせていただけることはこの上ない喜びであり幸せです。いつも皆さん本当にありがとうございます。

伊藤拓也さん…
毎月、拓也さんのステージを楽しみにしています。音楽の向こうに様々な色や景色や感情が映し出され、ショートムービーを観ているようなワクワクする発見や楽しさがあります。
今回も新曲を2曲披露して下さり、とても幻想的な素敵なメロディと雰囲気、拓也さんの心模様がそこには淡々と表現され、映し出されていました。素直に自分の気持ちや有り様を表現できる手段があるということは、自分を冷静に見つめ直して修正していく再生力を磨ける気がします。自分を映し出す鏡のような、今の自分を直視してどう動かしていったらよいか、方向を定めたり軌道修正することが出来る大切な手段、それが音楽の表現でありステージでのパフォーマンスであること、とても素晴らしいことだと感動しています。
拓也さんの音楽に触れることで新鮮な気持ちをもらったり刺激を受けたり、優しくなれたり感動したり、心がコロコロと軽やかに動き出す感覚がありとても癒やされます。たくさんの色や感情に囲まれて華やいだ気分にさせて頂いています。ご自身のライフワークに邪魔にならない程度にこれからも永くご出演、お付き合い頂けたら幸いです。本日もありがとうございました!

up date 2016/09/19

めぐみのライブレポート at 9/17

お月見できましたか?心をまんまるにして美しいお月さまに映し出す。正直に自分と向き合うとき。

中道ひできさん…
セットリストを決めずに作品を創られた順に、懐かしそうに愛おしそうに歌われる姿、歴史とステージに立つことの楽しさを感じることが出来ました。
ご自身の作品をあまり良い曲だと思わない、とおっしゃりながら懐かしそうに想い出を蘇らせるように、ゆったりとのんびりと、ひでさんのペースで淡々と、ときに熱く、優しく、いろいろな作品のそれぞれの素顔を見せていただいたような、そんなステージでほのぼの楽しませていただきました。
来月のアコフェスでは待望の新曲をご披露頂けるかもしれません。とても楽しみにしています!美しいマーチンの音色、今日のステージにとてもよく合っていた気がします。しっとりとゆったりと落ち着いた素敵なライブでした!
本日もありがとうございました!年季の入ったギターと歌声、重ねた歳月を感じさせる熟成されたステージありがとうございました!

すぎやまひろし…
文字通り、音を楽しむ、詩の言葉を楽しむ、生き生きとしたライブでした。嘘のない、感じたままの、アンプラグドが似合うステージでした。昨日、世界的バイオリニストの葉加瀬太郎さんがテレビの番組に出演されてお話されていましたが、音楽とはこれほどまでに奥深く心から楽しめるものなのだと、上手い下手関係なく、楽器とその鳴らす音との空間を彩るものは、楽器そのものの音だけではなくその音や空間を楽しんで共感してくださるお客様がいてこそ生かされ、より素晴らしい音楽が生まれるのだとおっしゃってました。なるほど、そのとおりだなと感心して同感しました。
ライブやステージは演者だけで作るものではなく、それを受け取るオーディエンスを含めた全体の一体感でその素晴らしさを体感することができると。まさに今日のステージは聞き手の方々が耳を傾け演奏や歌を受け取って感じてくださっている様子がとても素晴らしいなと感じました。ステージを楽しんで頂き、何かをそれぞれの方々が感じて下されば素敵だなと思います。独創的な誰のものでもない、すぎやまひろしにしか出せない音楽世界を楽しんで頂けたら幸いです。ありがとうございました!

up date 2016/09/18
Page 3 of 612345...Last »