アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 11/27

今月も無事に最後のライブを迎えられました。
毎月、本当にアーティストの皆様には素晴らしいステージを魅せて頂き、心も体も満たされる想いです。皆さんと親しく交流を持たせていただけること、日々の活力になります!大切な時間をありがとうございます!

永田大地さん…
アコフェスでは見事にラストを締めくくって頂き、本当にありがとうございました!
おかげさまでまた今年も心に刻まれる素晴らしいアコフェスになりました。誠実な心が伝わるステージをいつもありがとうございます。
今日も唄うこと、音楽が大好きでたまらない様子が全身から伝わる、熱く真っ直ぐな心洗われるステージをありがとうございました。
先日お誕生日を迎えられ、ますます歳を重ねた魅力を感じさせる、音楽も人としても関わる人を魅了して心を離さない、印象的な安心できる心地です。
ステージの隅々までその安心感と熱い温度は伝わり、寒い冬を溶かしていくようなこれから先もずっとこの温度を保ち続けたくさんの人を幸せな気持ちに、勇気づけるような永遠感を感じました。ずっと関わってお付き合いさせて頂けたら幸いです!
魚釣り、行きましょう!吉くんのダンディな姿でのカニ釣りも期待して!釣り部部長、よろしくお願いします!ありがとうございました。(^^)/

吉田有希さん…
オリジナル作品の緻密な構成、心に残るメロディライン、何気ない各所に無意識の気になる作品ごとのポイントが隠されているような、宝探しのような作品の数々に、音楽を細かく論理的に分析できる吉くんの知的な才能が光っています。共演したアーティストさんの作品を瞬時に正確に分析しカヴァー出来る、音楽コンピュータが頭の中に緻密に設置されて、耳から入る情報を正確に細かく解析して確実に美しく組み立てられていく、少し吉くん色の要素を取り入れつつ、原曲の良いところを損ねることなく再現する能力は、本当に唸るような納得できる素晴らしい才能だと思います。
季節感のある優しい作品、クリスマスのこれからの時期にピッタリの作品がハマりすぎてクリスマスが待ち遠しくなりました。
来月はクリスマス直前にご出演いただけるので、また楽しみにしております!
空きのないステージにMCの合間に大地くんの「僕は魚」をカヴァーする準備をして見事に素敵にカヴァーされていて驚きました。
2年前聴いたこの作品をいつか大地くんとブッキングされたら歌おうと温めていらしたとのこと、絶対歌おうと思っていました!と嬉しそうにお話されていて、大地くんも私達も本当に嬉しくなってしまいました。
素敵なステージ、楽しい時間をありがとうございました!

up date 2016/11/28

めぐみのライブレポート at 11/26

寒い冬の夜、体を冷たい風が吹き抜けても熱い音楽の風が心と体をぬくぬく温めてくれます。
寒さに負けない強い気持が湧き出ます!

うちだしゅんさん…
お久しぶりのご出演、変わらずの安定した卓越した技術と表現力、リラックスした良い力の抜け具合でご自身の持ち味をよく分かっていて活かされる素晴らしいステージでした。
少し聴かない期間があると今まで聴いたことのある作品もガラリと雰囲気や趣が変わって、とても新鮮に楽しく聴かせて頂きました。
作品によって色々なバージョンで百面相のような作品の転換、なるほどと思わせる、感心させられるアレンジで飽きさせないエンターテイメント満載のステージでした。
たくさんの魅せる技術の引き出しが半端なく、魅入ってしまいます。
日々お忙しい生活の中で、時間をやりくりして家族を大切にすることを忘れず、音楽も絶妙なスタンスで続けられる余裕のライフスタイルを貫いていらっしゃることに驚きと感心で、納得の魅力的なアーティストさんであると実感しています。
今年のライブはおそらく今日が最後とのこと。また来年も引き続きよろしくお願いします!書き初め・おしるこイベント、ぜひ実現させたいですね(^^♪来年の豊富を盛り込んだ渾身の書き初め一文字、何が良いか今から考えておいてください!ありがとうございました。(^^)/

伊藤拓也さん…
アコフェスのお写真を拓也さんの視点で捉えてくださったものを持参下さり拝見しました。
色彩がはっきりとしていて、写真から受ける印象がとても力強く、丁寧にそれぞれの皆さんを撮影してくださっています。拓也さんの音楽作品に似ている、はっきりとしたバラエティに富んだ豊かな彩りのお写真、ありがとうございました。大切にお店に置かせて頂きます。(^_^)
アコフェスでもご披露された「プリズム」という作品、反響を呼んでいるそうで、作品の良さをたくさんの方に理解されカヴァーしたいと申し出があったとのこと。素晴らしく、すごいことだと思います!
拓也さんの作品は作品一つ一つに色々な変化があって、似たような作品が一つもなく、共演のしゅんくんが作品分析されていてコード進行の話をされていましたが、ご本人が心地よく気持ちよく感じられるメロディのバランスをうまく選択していくことも一つの技術だと感心しています。
新曲の「当たり前の日々」「流星群」、どちらも聴き応えある素敵な作品でした。
毎日過ごす日常の、当たり前のところを大切にする気持、とてもよく分かります。当たり前の平穏な日々が続くことがどんなに幸せなことであるか、不幸を味わって初めて当たり前の平和が有り難いことに気付かされます。当たり前を有難く貴重なことと捉える気持、同感です。
流星群は暗闇の中で無数の星の光を頭から無差別に浴びるような、キラキラした光の粒に満たされる様子は、小さな何気ない日常の、埋もれがちな幸せを星の光のシャワーのように浴びる心地で、生まれ変わるように新鮮な気持ちにさせてくださいます。拓也さんの投げかける詞、直接ストレートに伝わらなくても、その意味を自分なりにワンクッション考えることで、拓也さんの作品でありながら自分なりの感じ方で受け取ることが出来るので、聴く人それぞれの感性をノックするように語りかけて浸透して行く気がします。作品の新しい楽しみ方だと私は思います。来週またスリーマンでお目にかかれるとのこと、楽しみです!ありがとうございました。(^^)v

up date 2016/11/27
Page 1 of 41234