アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

めぐみのライブレポート at 12/9

半月が綺麗な、冬の夜に三人の素敵な音楽と
かわいい笑顔に癒されたひとときでした。

holyさん…
「クリスマスの約束」の手紙エピソード、前回に引き続き
貴重なお話が聞けて、感心しました。アーティスト同士のライバル心、
互いを認めつつでも交わらない、意地とプライドの静かな闘いを感じ、
静かに熱いアーティスト魂を垣間見た心地でした。
決して汚い言葉で罵りあうことなくお互いを認めるからこそ交われない、
交わらない凛としたプライドがかっこいいなと、気持ちよさを感じました。
馴れ合いの中で緩い音楽を奏でるのではなく、プライドを持って自分の音楽を
厳しい世界で輝かせる、音楽道を貫く覚悟のようなものを感じました。
アーティストの皆さんが繰り出す音楽は何気ない様子の中に真剣な真っ直ぐな想いが
ギュッと詰まっています。どの作品にも魂が宿っています。
いつも真剣に向き合う姿勢で楽しみたいと想いました。
ありがとうございました!

けんじ(しもけん)さん…
holyさんご夫妻の大切な宝物、かわいいholyジュニア・草介くんも釘付け、
「あいさつしよう!」の歌声に強く反応していて、「こんばんは!」のところ、
復唱するようにオウム返しで歌っていました。
小さな子供さんでも分かりやすく伝わりやすい言葉とメロディーはホッと安心する
優しさがあります。聴く側にとっての思いやりが感じられる優しい安心感ある作品。
日常の特別なことだけでなく実体験をすぐ歌に出来るけんじくんは、本当にそこここに
普通にあることをたくさんの興味を持って拾い上げ作品に出来る才能があります。
素通りしてしまいがちな小さなことにも目を向ける、その瞬間に生きていることを
証明するような作風に感動を憶えます。
いろいろなことに気づいて目を配れること、自分の生きている時間や環境に
興味を持って生活することが楽しくなりそうです。大切なことだと感心しています。
ありがとうございました!

伊藤拓也さん…
職場の忘年会明けの疲労感をものともせず、喉の調子が悪いと言いながらも
拓也さんの素敵な音楽は調子の悪さなど感じないほど素敵に伝わりました。
皆さんどの方もそうですが、皆さんの音楽は他の誰よりも皆さんご自身が
発信することで確実に伝わります。
拓也さんの作品も拓也さんの歌声ではじめてその作品の真髄が伝わる、
拓也さんの声色でこそ伝わると確信しました。
拓也さんの歌声、作品の雰囲気、メロディー、どれも本当に好きだなぁと、
あらためて感じました。
音を通じて色や匂いや温度を感じられる、立体的に音楽が伝わるような感覚が
大好きです。
年末にご家族でご家族のお祝いをされ、その足でL-WORDS忘年会に
参加してくださるとのこと。
みんなで待ってます!ありがとうございました。

up date 2017/12/10

めぐみのライブレポート at 12/2

12月に入りました。まだ2日目だというのにこの師走感は一体??体調管理に気をつけて年末まで頑張りましょー!o(^-^)o

monchikaさん…
ホッと温まる落ち着く歌声。聞き慣れた、でも新鮮な気持ちで毎回楽しませて頂いております。
オリジナルでもカヴァーでもそれぞれの作品の良いところをmonchikaさんの歌声が存分に引き出して聴きやすく心に残るステージで、心も身体もホンワカ温めていただきました!
平塚を歌って下さっている「桃浜町で会いましょう」、目一杯の愛が溢れる作品で、どんなに平塚を、L-WORDSを、集まる仲間たちを大切に想って下さっているのかよくわかる素敵な作品でした。
たくさんの方々に湘南・平塚を認知していただき、その良さを感じていただけたら嬉しいです。monchikaさん、本当にありがとうございます。愛ある作品、心から受け止めました。これからも家族のように大切な存在としてL-WORDSとお付き合いさせて頂けたら幸いです。
ありがとうございました!

いもりんさん…
可愛らしい様子と作品の斬新さのギャップがたまらない、異彩を放つ技術を超越した演奏スタイルや誰にも真似できない、専門性ある生物史や生物学を題材にした作品を迫力ある透き通った美しい歌声で華麗に歌い上げる、小さく可愛らしい様子からは想像できない、圧倒的な歌唱力とパフォーマンスは、作品の素晴らしさや意外性を引き立たせ、いい意味で根底から感じるところを裏切られる。美しいものを美しいとは言わず、少し角度を変えてアプローチ出来る、心に余裕がないと出会えない素敵な感覚の作品たち、それぞれの作品を楽しませていただきました!
フィナーレにふさわしい「ゲジゲジ」は、作品を聴いてみるまでは面白い着眼点と斬新さに気を取られてがちでしたが、しっかりした技術の裏打ちがないと心の底から楽しむことは出来ないと実感しました。素晴らしい技術が伴って初めて作品としての「ゲジゲジ」がより際立ち、心に強く残ります!心から楽しめる真のステージ、ありがとうございました。

up date 2017/12/03
Page 6 of 6« First...23456