アコースティックライブハウスL-WORDS

アコースティックライブハウスL-WORDS

週刊スギヤマヒロシ

ひろしのライブフォト2/11

さて、きのうはエルワーズ
拓也くんと僕のツーマンライブでした!

image

リハ中の拓也くんを撮ってみました!にわかカメラマンの僕撮影

image

オレ  という出演者はいません
スミマセン(笑)

image

そのオレ  という出演者が前座を務めたようです(笑)

image

新曲もうたってくれた拓也くん! あまり自分的に気に入ってないようでしたが全然そんなことないですよ!自分のうたをだいじにしてあげてください!

最後に2人で写真を撮ってもらったのですが上手く撮れてなかったのでまた次回(笑)

いつだってありのまま。
音楽以外何もないけれど
こんな気持ちのこもった
ライブを続けるのがエルワーズ。昨晩も本当にどうもありがとうございました!!

up date 2018/02/12

めぐみのライブレポート at 2/11

極寒が続き地域によっては豪雪でしたが、土曜日日曜日、
久しぶりに日差しも暖かいポカポカ陽気、春の訪れを予感させる1日、
心も体もホッと緩む嬉しい1日でした!

杉山洋…
落ち着いたセットリストでゆったりと穏やかにステージは
進んでいきました。
いつもよりゆっくりとした、はっきりとしたステージ、
言葉もより鮮明に伝わってゆっくりと聴くことが出来ました。
速すぎる展開や言葉が不鮮明だとなかなか演奏者の熱や気持ちが
伝わって来ないところ、ゆったりと構えて落ち着いて一言一言
送り出すことで耳に脳にしっかりと言葉や雰囲気を植え付けることが
できる、速すぎてぼんやりしてしまうより聴く体制を整えて聴くことが
出来るメリットになりました。
先日は茅ヶ崎のライブバーでオープンマイクに飛び入り参加させて頂き
勉強になったとのこと。
これからもたびたびステージに立つ機会があると思うのでいろいろな
ステージを経験して今後に生かせたら、より自分磨きに参考なることでしょう。
ありがとうございました。

伊藤拓也さん…
新曲を披露して下さり香港の賑やかな、華やかな、ゴチャゴチャしたネオンの
賑わいを感じました。
旅の経験をうまく作品に投影されて、まるで実際にその場にいるような疑似体験が
出来る気がしました。
「ノクチルカ(夜光虫)」もその一つ、幻想的な青の光る海が目の前に
漂っているような、青く美しい光をぼんやり眺めているような気持ちで
聴くことが出来ました。
最後に唄われた「流氷の家」も同じく、流れる河に漂いながらいろいろな
自然の景色が移り変わる様子が、まるで自分が流氷に乗って旅をしているような
気持ちになります。
自由に流氷に乗った自分が自分の心のままに自由に河を流れて
いろいろな物を観ていく、力強い気持ちの表れを感じました。
また楽しみにしています!ありがとうございました。

up date 2018/02/12
Page 2 of 3123